旅行に行くときにもめる、でも楽しい旅行!

計画段階でのイライラ

旅行に行くときに、色々と計画を立てることになりますが、それが楽しさの半分を占めていると言ってもいいかもしれません。ガイドブックを見たり、インターネットで色々と検索をすることが目的地での日程がどんどん決まっていくのは楽しいことですし、まだ行ったこともない場所なんで、自分の都合のいいように解釈して計画を立てるので気分よく物事が進んでいきます。しかし、旅行は一人で行くよりも家族や友達など何人かで行くことが多いでしょうから、そこには様々な意見が挟まれてきます。それが面倒なことになったり、イライラの原因にもなってしまって、せっかく楽しい旅行を計画していても、途中で気分が滅入ってしまう一番の原因ともいえるのです。

旅行はつながりを深めるものである

しかし、こういった意見を色々と合わせていくことで自分たちだけのオリジナルの旅行プランが出来上がりますし、そうやって計画を立てたことで一生忘れることのできない素敵な旅行となるのです。連れて行ってもらうのも楽で楽しめるかもしれませんが、それだけだとやはり、記憶も薄くなってしまうことが多いので、いろんな意見を求めて、それを組み入れながら自分も行きたいところは遠慮せずにどんどん主張して、みんなでプランを練ることが旅行をする上で、楽しい一面と言えます。こういったことを繰り返すことで、家族としてつながりが強くなったり、友達との友情が深くなっていくのであると思われますので、行ったことのない場所へ色んな人とどんどん出かけるべきです。

旅芸人

これがあると楽しめる!?海のレジャー旅行に持参すべきアイテム2選

海辺のキャンプ旅行なら携帯版の釣具一式を

家族や仲間同士ワイワイと過ごせる海辺のキャンプ旅行。海辺で遊べるジャンルは大変豊富ですが、その中でも夕食にさえ有用となり得るのがその場で釣った魚でしょう。この目的の為なら、キャンプ用具の他に携帯版の釣具一式を持参してみるのも良さそうです。この際キャンプ参加メンバー全員が釣りのやり方を知らない様では無意味ですから、誰かメンバーの中に釣りのエキスパートがいる事が前提条件でしょう。ただ小堤防や岩場からのチョイ投げ釣りであれば初心者でも慣れれば十分こなせ、釣魚もキスやメゴチ、根魚等、焼いて美味しい魚が十分ターゲットの範囲に入ってくる筈です。ただ幾ら釣りに慣れているからと言って、大物を狙いたいからと無理して危ない箇所に入るのは絶対に禁物。安全あってこそ楽しめるレジャーですからね。

素潜りを楽しむならデジカメ用ウォータープルーフを

素潜りやスキンダイビングで軽くダイビングを楽しみたいという人も最近では増えてきています。レジャースポットの海は大変綺麗。海水も透明でまさに思い出に残る光景となるでしょう。ただこれを記憶だけに留めず、実際綺麗な水中写真として収めたいというケースもありますよね。それなら一般のコンパクトデジカメもしっかり防水してくれるウォータープルーフを購入し持参すると便利でしょう。自分が普段から使用しているデジカメの機種から対応しているウォータープルーフを調べ、通販サイトから注文するのが最も確実。これを利用すればあえて水中専用の防水デジカメを追加購入する必要もありませんし、トータルなコストの面でも大変安く収まるでしょう。

旅行

初心者さん必見!海外旅行をする際に知っておくべきマナー

常にチップを準備しておくこと

海外旅行をしようと思った際、常に添乗員が付き添ってくれるツアーなどでしたら、純粋に思い切り楽しめば良いのですが、個人旅行となると覚えておくべきマナーを、しっかりと頭に入れておかなければいけません。国にもよるのですが、チップが必須な国が多いということはご存じでしょうか。ホテルで荷物を持ってもらった際、レストランで料理を運んできてくれた際、タクシーに乗車した際など、それぞれの場面でチップが必要になります。パーセンテージはさまざまなのですが、平均的にすべて10~15パーセントほどのチップを準備しておきたいところです。ですので、小銭などの細かいお金は常に手元に置いておくことをおすすめします。しかし、相手の態度があまりにも悪かった場合には、チップを渡す必要はありません。

喫煙とアルコールに厳しい

主にヨーロッパやアメリカ全土に見られる傾向なのですが、日本よりも喫煙者やアルコールに対して厳しいということが分かっています。もちろんアルコールを飲めるレストランやカフェも多くありますし、喫煙出来る場所が皆無なわけではありません。しかし、アルコールを購入する際には身分証明書が必要なこともありますし、マナーを守らない喫煙に関しては厳しいペナルティが用意されています。最初から最後まで楽しく旅行をするために、最低限のマナーはしっかりと守るようにしましょう。ちなみに、喫煙をしてはいけない場所については、きちんと分かりやすいように看板などが立っていますので、まず間違うことはありませんので安心して良いでしょう。

タビマスターズ

あっという間に到着できる!?スキーバスを使った旅行について

日帰りのスキーもスキーバスで楽しめる

日帰りで有名なゲレンデで滑りたくなった場合に、あるいは気分転換に休みの日にウインタースポーツを楽しみたくなったら、スキーバスで旅行に行ってみましょう。日帰りのプランもあるので、前日の深夜に出発して、車中で仮眠をとり、起きた頃にはもうゲレンデに到着しています。睡眠時間が移動時間となるので、休みの日の朝から、スキーやスノーボードをエンジョイできます。スキーバスでは、バスでの移動料金とゲレンデでのリフト代食事代が込みになっているプランも多く、自分が持っているスキースノーボードの道具一式を持っていくだけで楽しめます。大都市部から出発が設定されていますので、非積雪地の方でもスキーに出かけられる楽しいツアーです。

スキーバスの旅行のメリットとは

スキーバスの旅行のメリットとは、なんと言っても交通費が格安になるという点にあります。新幹線や飛行機などを使った場合には、航空運賃や、鉄道の運賃などを別途支払う必要がありますが、スキーバスで出かけるバスツアーの場合には、バス運賃込みのツアー料金が設定してあるので、自分で面倒な手配を行うことなく、格安でスキー旅行に出かけられます。お金の無い学生さんが、旅費を節約してスキー旅行に出かける場合も、スキーバスツアーがピッタリですので、経済的なスキー旅行に行くなら、スキーバスツアーです。スキーバスのツアーでは雪道運転が苦手な方や、雪道走行をしたことがない方でも、運転手に運転を任せられるので、安全に目的地に行けます。

タビマスターズ

意外と魅力が一杯!?旅行でビジネスホテルを活用するメリット2選

何と言っても手軽でリーズナブル

充実した旅行にしようと頑張って目的エリアの宿泊施設を探す時、どうしても最初に目が行きがちとなるのが駅近エリアの豪華なVIPホテルや観光ホテル、そして規模が大きく現地でも知名度の高い旅館となるでしょう。確かに充実した1泊を過ごすには信頼度は高く、十分満足出来るに違い無いのですが、それにしても1泊あたりの宿泊料金を考えると、そう簡単にチョイス出来ない候補である事が分かりますよね。その点各エリアに点在しているビジネスホテルはリーズナブルな旅行を楽しみたい庶民の味方。繁忙期でも予約が取り易い上に値段は上記の施設の数分の1程度。その上各部屋は小奇麗でシンプル、特に1人での旅行の際は充実したシングルルームで存分にリラックス出来、最高の気分に浸れるのです。また充実した宿泊が出来る様一般のホテルが有する大半の機能が備わっていますから、宿泊に関する心配は全く無いのです。

食事や入浴施設が魅力の施設も登場して

これまでのイメージとは違い、現在のビジネスホテルの多くはビジネス客だけでなく観光客も自信を持って受け入れられるだけの設備とサービスを備える様になってきました。その典型例が入浴施設や食事面。個室のシャワールームだけでなくワンフロアを丸々充てた広大な入浴施設を備えたビジネスホテルが増え、存分に足を伸ばして1日の度の疲れを癒す事が可能。中には本格的な温泉を引いているホテルもあり、馬鹿に出来ません。また食事に関しても、夕食は地元グルメをふんだんにメニューに取り入れたレストランが併設されている一方、朝は食べ放題のバイキングが充実しており、新たな1日のエネルギーをフル充電して出発出来るでしょう。ビジネスホテルの朝食バイキングは実際、かなりのトレンドとなっているのです。

タビマスターズ